プラセンタの成長因子(GF)は何がすごい?

プラセンタとは、ヒトや豚、馬の胎盤(たいばん)から抽出されたエキスのことを言います。胎盤には良質なアミノ酸、脂質、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれており、さまざまな効果が期待されてプラセンタエキスは医薬品、美容用品として近年利用されています。

しかし、世の中にはたくさんの栄養サプリメントや薬などがあります。そんな中でなぜプラセンタはこんなにも注目されるのでしょうか。それは、プラセンタエキスに含まれる成長因子(グロースファクター/GF)というものがあるからです。

成長因子とは?

人間は、細胞分裂を繰り返し、日々新しい細胞が生まれてその身体を作り変えていきます。その働きに関係するのが「ヒト成長ホルモン」というホルモンです。このホルモンは20代を境に減少していき、それによって身体の各器官が衰えていきます。これが老化です。つまり、肌にしわができたり内臓の機能が低下してきたりするのも、ヒト成長ホルモンが低下することによって起こるのです。

この人成長ホルモンの分泌を促しているのが成長因子です。成長因子にはさまざまな種類があって、それぞれ役割が少しずつ違います。プラセンタエキスに含まれる成長因子とはどのようなものなのでしょうか。

上皮細胞増殖因子(EGF)

上皮とは皮膚の一番表面の部分、表皮のことをいいます。上皮細胞が新陳代謝を繰り返すことで、皮膚表面の状態を保ちます。しかし、加齢によってその機能は低下し、くすみやシミ、吹き出物などの肌トラブルが改善できなくなってきます。EGFが活性化されると、肌に出てきたシミなどの色素沈着、くすみの改善が期待されます。

繊維芽細胞増殖因子(FGF)

FGFはお肌のハリを取り戻し、しわやたるみなどを改善させる効果があります。FGFは、肌の内側の真皮にある繊維芽細胞を増殖、活性化させてくれます。肌の構造体であるコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンは繊維芽細胞で作られています。この細胞を活性化させることで、老化によって減少していたコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを増やすことができ、若々しい肌に導くことができます。

神経細胞増殖因子(NGF)

ヒトの身体には全身に神経が張り巡らされています。特に脳や脊髄(せきずい)は中枢神経と呼ばれ、大事な神経がたくさん入っています。体中の神経は、神経細胞と呼ばれる細胞からできています。神経細胞が衰えると、神経伝達がうまくいかなくなり自律神経が乱れます。自律神経が乱れると情緒が不安定になって感情のコントロールができなくなります。そのため更年期に入るとイライラしてしまったりするのです。

NGFが増えることによって神経伝達を円滑にして、精神の安定を図ることができます。特に更年期障害からくるイライラなどの精神的な症状にも効果的です。

肝細胞増殖因子(HGF)

肝臓には代謝をつかさどる働きがあります。特に身体の異物を分解する解毒作用は最も大切な働きです。お酒を飲んだ時もアルコールを分解してくれるのは肝臓です。肝臓が傷ついたり弱ったりして機能が低下すると、身体の代謝機能が落ちます。HGFはその肝臓を修復する働きがあります。それにより新陳代謝がよくなり、身体の傷ついた箇所を修復する力が上がります。

コロニー形成刺激因子(CSF)、インターロイキン(IL)

CSFは血液中の白血球(マクロファージなど)を増やす働きがあります。血液検査などでWBC(白血球)が高いと炎症反応があることを示しています。これは、身体に細菌などの異物が入った時に白血球が異物と戦っているからです。つまり、血液中の白血球を増やすことで身体の抵抗力、免疫力を挙げることができるのです。

ILとは、マクロファージなどの白血球が分泌するサイトカインと呼ばれるもので、白血球が分泌する情報伝達物質の一種です。ILが分泌されることによって免疫はさらに上がります。

インスリン様成長因子(IGF)

一般的にインスリンは糖を分解して血糖値をあげるホルモンとして知られていますが、IGFはインスリンと似ているようで作用は違います。IGFは細胞分裂や細胞の成長に関係するものです。人の身体は加齢とともに細胞分裂、成長の機能は衰えていきます。

これはIGFの分泌が減少していることともいえます。IGFを補うことで細胞分裂を増やして身体の機能回復、修復をすることが期待されます。

プラセンタは若返りの薬かも??

プラセンタにはここまで紹介した成長因子(GF1)がすべて含まれています。見ていくと分かるように、すべて身体の機能を修復させたり、機能を回復・改善させたりする働きがあります。そのため、美容用品としてはもちろん、医薬品としても近年注目され利用されています。

直接体内に注射する方法もあれば、サプリメントやプラセンタ入りのドリンクなどで手軽に摂取する方法もあります。成長因子の働きに期待してプラセンタを生活に取り入れると、身体の悩みが改善されるかもしれませんね。

日本胎盤医療研究会「プラセンタ療法の誤った情報に対して、 その誤解を解く」(外部サイト)

皮膚「Placenta liquid含有軟膏による2-3皮膚疾患の治験」(外部サイト)

Top