プラセンタの抽出方法まとめ

アンチエイジングなど、特に女性にとってはうれしい効果が期待されるプラセンタ。プラセンタは動物や人間の胎盤(胎盤)を原材料としています。市販されているプラセンタとは、胎盤そのものではなくて、胎盤からプラセンタエキスを抽出したものです。

抽出方法にはさまざまな方法があります。抽出方法によっては、大切な栄養素などを破壊してしまい、せっかくの効果が得られなくなってしまうこともあります。より良い抽出方法を選んだ場合は製品の価格があがります。それではその抽出方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

分子分画法

分子分画法とは、特殊なフィルターを使って必要な成分を取り出す方法です。胎盤(たいばん)に含まれ成分は、それぞれ分子量が違います。分子量とは簡単に言うと物質の大きさのことです。この分子量の違いを使って成分ごとに分けることができます。こうして抽出するのが分子分画法です。

この抽出方法は、加熱などの温度変化もないため成分が壊れてしまったり、変性してしまったりすることがありません。必要な成分を高濃度で抽出できるため、抽出されたプラセンタエキスとしては質の高いものになります。

凍結融解法

凍結融解法とは、物質を急速冷凍しその後解凍することで細胞膜を破壊し、成分を抽出する方法です。冷凍した肉や魚を解凍した時にドリップが出ることを想像してもらえれば分かりやすいと思います。方法も簡単でコストもかからないのですが、細胞膜を傷つけて成分を取り出していることから、大事な成分が失われてしまうことがデメリットです。

せっかく身体に良い成分がたくさん含まれていても、抽出方法で壊れてしまっては意味がありません。ということで、最近はあまり用いられていない手法のようです。

凍結酵素抽出法

凍結融解法では、細胞が破壊されて成分が失われていました。凍結融解法に酵素の力を加えることでそのストレスを軽減させ、品質の良いプラセンタエキスを抽出することができます。しかし、凍結融解法にくらべてコストがかかることがデメリットです。

加水分解法

加水分解法は原材料である胎盤を酸で溶かして抽出する方法です。この方法では強い酸を使うため、細胞膜を破壊してしまい、大切な成分も失われてしまいます。これではせっかくプラセンタを摂取しても意味がありません。

酵素分解法

酵素分解法は、胎盤にある不必要な部分を酵素で分解してしまい、必要な部分のみ取り出すといった方法です。唾液が糖質のみしか分解できないように、胃酸がたんぱく質しか分解できないように、酵素というのは分解できる物質が決まっています。そのため、プラセンタ液になる成分以外のものを分解することができるような酵素を入れることで、プラセンタエキスを抽出することができます。

成分を守り、必要な成分のみを抽出するのにはとても有効な手段ですが、この抽出方法ではコストが上がるため、その分商品の価格が高くなってしまうことがデメリットです。

培養細胞法

細胞培養(ばいよう)法は現段階で最先端の技術です。胎盤の細胞を採取して培養し、人工的に増殖させます。そのため成長因子を多く含んでいます。特殊なフィルターを使って不純物を除去しているため、とても純度の高いプラセンタエキスを抽出することができます。現在はスイス・ドイツのみで行われている方法で、コストもかかるので必然的に製品の価格も上がります。

まとめ

同じプラセンタでも、抽出方法によって含まれる成分の質は全く違ったものになります。プラセンタを選ぶときには抽出法にも注目して購入するようにしましょう。より効果を求めるのであれば純度の高いプラセンタエキスを含んだものを利用するべきです。しかし、純度の高いものはやはり価格も高くなってしまいます。

プラセンタエキスの純度と、コストの面のバランスを見ながら自分に合ったプラセンタを利用できるといいですね。

Iyakuhin Johogaku「健康食品・サプリメントによる健康被害の現状と患者背景の特徴」(外部サイト)

日本化粧品技術者会誌「メラニン形成におよぼすプラセンタエキストラクトの影響」(外部サイト)

Top