プラセンタの種類と原材料ごとの特徴

近年注目されているプラセンタ。実はプラセンタにもいろいろ種類があるということを知っていますか?プラセンタは、その原材料によって種類が分けられます。プラセンタは哺乳類の胎盤(たいばん)が原材料となっています。哺乳類はたくさんいますが、プラセンタの原料にされているのは、豚、馬、羊、ヒトの胎盤です。

それぞれの動物由来のプラセンタにはいったいどのような違いがあるのでしょうか。

豚プラセンタ

豚プラセンタの一番の特徴は、価格の安さにあります。豚は一回の出産で10頭前後の子供を出産するため、豚の胎盤は大きくなります。そして、集団飼育をして大量に手に入れることができるため、価格も安価で現在市場に出回っているプラセンタの中では原材料として最も利用されています。安価でプラセンタの効果が得られるのはとても魅力的ですね。

しかし、価格の安さに比例してデメリットもあります。狭いところで集団飼育をしているため、病気が発生した場合に感染のリスクが高くなります。そのため、ワクチンなどの薬剤の使用は避けられません。製品に加工するときにそれらの異物は除去されていますが、100%安全であると言い切ることはできません。

豚プラセンタでは不安だといっても、SPF豚という特別に管理された豚の胎盤が原料であれば、安全性は上がります。ただしこちらは通常の豚プラセンタよりも高価なものになります。豚プラセンタを利用する場合に不安があれば、SPF豚が原材料になっているものを選ぶようにしましょう。

馬プラセンタ

馬は、豚とは違い1回の出産で1頭しか出産しません。そのため豚に比べて胎盤が小さめです。また、馬は病気にかかりにくい上に徹底した管理のもとで飼育されているのでプラセンタとしての安全性も高いです。価格としては高くなりますが、プラセンタとしての質は最高です。また、その成分も優れています。

馬プラセンタに含まれるアミノ酸は、豚プラセンタよりもはるかに多く、豚プラセンタには含まれていないものも含まれています。プラセンタを利用するのであればぜひ馬プラセンタが原材料のものを使いたいですね。

羊プラセンタ

日本では豚プラセンタと馬プラセンタが主流で、羊プラセンタはほとんど流通していません。日本では狂牛病の問題があって以来、厚生労働省が牛、羊の胎盤は使用しないようにという通達を出しています。そのため現在では、ニュージーランドやスイスで生産しているものを輸入して使用するという形になります。

羊の胎盤は人間のものに近いので、拒絶反応が出にくく、また病気にもかかりにくいので、安全性にも問題なく利用できます。デメリットはやはり流通量の少なさだといえます。

ヒトプラセンタ

人間の胎盤から作られるヒトプラセンタは美容用品としては利用されず、医薬品として利用されます。厳重な検査のもとに使用されているので安全性はとても高く、更年期障害や自律神経失調症など様々な病気の症状に対して効果を期待されています。ただし、ヒトプラセンタは安全とはいえ、まだその安全性が完全に確立されているわけではありません。

そのため一度でもヒトプラセンタを摂取してしまうと献血ができなくなってしまいます。献血を考えている場合や、将来のことを考えるのであればヒトプラセンタの摂取はよく考えてからするようにしましょう。

その他のプラセンタ?

実は今まで紹介してきた哺乳類の胎盤が原材料のものの他に、植物プラセンタ、海洋性プラセンタと呼ばれるものがあります。

植物プラセンタとは、植物由来のプラセンタです。当然ですが、植物には胎盤はありません。そのかわり、胎座(たいざ)という植物の成長に必要な栄養素が詰まった場所があり、それを原材料にしています。植物プラセンタは安全で、美容効果もあるといわれていますが、動物由来のものとはやはり違うものなので、アンチエイジング効果などはあまり期待できません。

海洋性プラセンタは、鮭の卵巣膜つまり筋子の膜の部分から抽出されます。海洋性プラセンタにも動物プラセンタと同じく豊富な栄養素が詰まっています。さらに、動物プラセンタには含まれないエラスチンという美容成分も含まれています。さらに安全性も高いので安心して栄養できます。ただし、動物プラセンタと違い海洋性プラセンタには成長因子というアンチエイジングに有効な成分が含まれていません。美容効果はあるものの、やはり動物プラセンタとは違う物質です。

植物プラセンタも海洋性プラセンタも、どちらも美容効果が認められているものですが、やはり胎盤から作られている動物プラセンタとは効果に差が出ます。単に美容効果を期待して利用するのであればとてもいい美容成分が詰まっているのでいいのですが、動物プラセンタのようなアンチエイジング効果を期待するのであれば、あまりおすすめできません。やはり、命の源である胎盤から作られるプラセンタには特別な成分が備わっているのかもしれません。

日本胎盤臨床医学会「プラセンタは赤ちゃんからのプレゼント」(外部サイト)

日本化粧品技術者会誌「炎症に対するプラセンタエキスの効果」(外部サイト)

Top