馬プラセンタと豚プラセンタの違いと品質について

プラセンタと一口に言っても種類があり、原材料が違っていることを知っていましたか?現在日本で流通しているのは主に馬と豚の胎盤(たいばん)由来のものです。ちなみに海外で作られているものでは羊のプラセンタもありますし、医薬品としてはヒト由来のプラセンタもあります。

ここでは美容用品として利用されている馬プラセンタと豚プラセンタの違いについてまとめてみました。

成分の違い

馬プラセンタと豚プラセンタで重要な違いといえば、まずその成分にあります。そもそもプラセンタが美容にいい理由は、プラセンタに含まれる栄養素にあります。アミノ酸は身体を構成する重要な栄養素で、中でも人間が体内で合成できず、食物などから摂取しなければならない重要なアミノ酸を必須アミノ酸といいます。プラセンタにはそれらのアミノ酸が豊富に含まれています。

このアミノ酸ですが、豚プラセンタより馬プラセンタの方がはるかに濃く、多く含有されているのです。また、馬プラセンタには豚プラセンタには含まれていない成分も含まれています。そのため成分のみで比較し、より美容効果を求めるのであれば馬プラセンタを選択する方が良いことが分かります。

価格

価格については、豚プラセンタの方が安価で手に入れやすいです。豚は1度の出産で数匹子供を産むため胎盤も大きく、年に2回出産をするため大量に胎盤を集めることができます。一方馬プラセンタは1年に1回、1頭のみ出産するため、豚に比べて胎盤も小さく少量しか集めることができません。

事実、今日本でプラセンタとして流通しているのはほとんどが豚プラセンタです。豚プラセンタに比べて馬プラセンタはかなり高価なものです。品質では馬プラセンタが上回っているので当然といえば当然ですが、価格が高いとなるとなかなか手が出せないものでもありますね。

安全性

美容にいいとは分かっていても、身体に入れるものなので気になるのはその安全性です。結論から言えば、安全性で比較する場合、馬プラセンタの方が上です。

豚は、集団で飼育されているという飼育環境から病気にかかりやすく、病気を予防するためにワクチンなどの薬剤を使用せざるを得ません。胎盤からプラセンタを抽出する際に、薬剤などの不純物は綺麗に除去されていますが、その安全性はまだ確立されていません。

一方、馬は血統登録、飼育管理がきちんとされているので、1頭1頭が追跡可能です。また元々の固体の特徴として病気にかかりにくいという特徴があります。そのため、抽出したプラセンタエキスの安全性も高いのです。

ここまでだと豚プラセンタは利用したくないと思われるかもしれませんが、豚にもSPF豚といって、管理が徹底されている豚がいます。このSPF豚の胎盤が使われているプラセンタであれば安全性が高いです。より安全を求めるのであれば、豚プラセンタを購入する際にSPF豚であるかどうかを確認するようにしましょう。ただし、SPF豚のプラセンタは通常の豚プラセンタよりも高価なものになるので、その点は注意が必要です。

まとめ

品質の高さからも安全性の高さからも、馬プラセンタが豚プラセンタに比べて優れているということが分かりますが、その質の良さから高級品となってしまっています。より良い効果を求めるのであれば馬プラセンタを、安価に試してみたいのであれば豚プラセンタといったように、状況によって使い分けるようにするといいかもしれませんね。

清水整形外科医院「関節内注射時の留意点」(外部サイト)

医薬食品局血液対策課「ヒト胎盤エキス(プラセンタ)注射剤使用者の献血制限について」(外部サイト)

Top